歯磨きを頑張っているのに… 歯周病がなかなか治らない… 歯周病でお困りのすべての方へ

お口のケアがウイルス感染予防になります!

皆さんこんにちは。
江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の杉本(ま)です。
 
新型コロナウイルスによる非常事態宣言もやっと解除されましたが、まだまだ油断は禁物の状態ですね皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな中、感染予防のため、マスクを手放せない日々が続いています。 気温も上がり暑くなってきたこともあり、1日中マスクを着けていると、マスクの臭いが気になってくる方がいるのではないでしょうか? マスクを着けたまま会話をしたり、くしゃみや咳きをすると、どうしてもマスクの内側に唾液の飛沫が付着してしまいます。 唾液の中に雑菌が多くいると、自分の体温と呼吸からマスクの中の温度が高くなり、さらに雑菌が繁殖しやすい状況になります。 マスク不足も解消されつつありますので、できるだけ取り替える、布製でしたら頻繁に洗ってしっかり乾かすようにしていただくのがおすすめです。
そしてより大事なことは、お口の中の細菌を減らすことです!

ウイルス感染予防には、お口のケアが効果的です。
以前よりインフルエンザへの予防効果は明らかになっていますが、新型コロナウイルスにおいても予防効果があると考えられています。

なぜ予防効果があるのかと言うと、お口の中にはウイルスが粘膜細胞に入り込むのを助ける細菌がいるのですが、それが歯周病菌が持っている「酵素(プロテアーゼ)」なのです。

毎日の歯磨きなどが不十分になると歯周病菌が増殖して、ウイルスにとって格好の感染環境になってしまいます。

ですから、歯科医院で定期的に検診やメインテナンスなどのケアを受け、お口の中を清潔に保ち歯周病菌などを減らすことは、ウイルス感染への重要な予防対策になるのです!

また高齢になると、飲み込みが弱くなり、むせることが多くなります。
このときに、お口の中の細菌が肺に入り込むと、誤嚥性肺炎を引き起こします。
もし同時に、新型コロナウイルスに感染すると、重篤化する恐れがあります。
お口のケアで細菌を減らすことは、誤嚥性肺炎の予防にもつながります。

外出自粛でやむを得ず歯科でのケアの間隔ががあいてしまっていた方も、ご都合がつけばあまり暑くなる前に、そろそろ検診にお越しいただきますようお勧めいたします。
 
当医院では、新型コロナウイルスが問題点になる以前から、使用ごとの器具の滅菌消毒など万全の感染予防対策を行っております。

どうぞ安心してお越しください。

 

歯周病はどんな病気?

痛くない歯周病治療

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病は生活習慣病

歯周病と口臭治療

歯周病を予防しよう!

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

■診療時間
午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土)午後は2:00~4:30

■休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

  • 一生自分の歯で食べよう!すぎもと歯科メインサイト
  • 子どもから大人まで 歯列矯正・歯並び すぎもと歯科矯正サイト
  • 小児歯科・カムカムクラブ むし歯のない元気な子ども すぎもと歯科小児歯科サイト
  • ブログ すぎもと歯科の日記
  • ブログ 歯科衛生士のページ
  • 赤ちゃん歯科『もぐもぐくらぶ』ブログ もぐもぐ日記
  • スタッフの矯正体験ブログ ブラケット編/インビザライン編
  • 保育士のいる 無料託児ルーム

このページの一番上へ