歯磨きを頑張っているのに… 歯周病がなかなか治らない… 歯周病でお困りのすべての方へ

熱中症対策に正しい水分補給!

みなさんこんにちは。
江南市すぎもと歯科 歯科衛生士の杉本です。

連日の猛暑日ですが、いかがお過ごしですか?

コロナの発症者数とともに、熱中症で救急搬送された方の数も増えています!
withコロナ下での熱中症対策‥大変ですよね(+o+)
マスクをした状態ですと熱がこもり、余計リスクが高くなります、
周りの状況を見てマスクを外しても大丈夫そうな時は、少しの間でも外すと楽になります。
大切なことは体を少しでも冷やすこと、そして水分補給ですが今日は正しい水分補給についてお話していきます。

のどが渇く前に、補給しましょう!

熱中症対策の一つとして、こまめな水分補給があげられます。
一気に飲んでも尿として排出されてしまうので、30分〜1時間ごとに100ccずつ飲むと無駄なく吸収できるとのことです。
*100ccの目安とは
    100cc=約コップ半分、ペットボトルで3〜5口です。
間違った水分補給をしてしまうと、かえって悪影響を及ぼすことになってしまうことも・・・。

ヒトの体は、水分が不足して調整する状態よりは、過剰な水分を排出して調整するほうが、体への負担が少ないといわれています。
ですから、できるだけ不足しないよう、でもとりすぎにも注意しながら、こまめに水分補給することが大切なのです。

「のどが渇いたな」と思ったときには、すでに体内の水分は不足してしまっていますから、渇きを覚える前に補給するように心がけましょう。 

温度は常温か、やや冷たいくらいで!

暑いときはどうしても冷たい飲み物が欲しくなります。

しかし、冷たすぎる水を飲むと本来必要な水分の1割くらいで満足してしまうそうです。

そのため少し冷たい位がおすすめとのことですが、冷たすぎる飲み物で胃腸が冷えると、胃腸の働きを低下させ消化不良や食欲不振などの原因になってしまいますので、注意が必要です。

腸で吸収されやすい常温またはやや冷たい515の温度にして補給するとよいといわれています

何を飲んだらいいでしょうか?

日常生活における水分補給は、お水か麦茶が最もよい!と言われています。

スポーツドリンクには糖分が多く含まれているため、飲みすぎるとカロリーや糖分をとりすぎて、肥満の原因になったり、食欲低下による夏バテの原因になってしまいます。

そしてなにより虫歯の原因になります!
ジュースでの水分補給も同じですので、注意しましょう。

熱中症が疑われるときは・・!!

 

ただし、高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかいたような場合は、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における水分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要となります。
さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給する必要もでてきます。糖分は水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です。

大量の汗をかき熱中症が疑われるような場合は、手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめです。
ただし、カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。

 

歯周病はどんな病気?

痛くない歯周病治療

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病は生活習慣病

歯周病と口臭治療

歯周病を予防しよう!

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

■診療時間
午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土)午後は2:00~4:30

■休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

  • 一生自分の歯で食べよう!すぎもと歯科メインサイト
  • 子どもから大人まで 歯列矯正・歯並び すぎもと歯科矯正サイト
  • 小児歯科・カムカムクラブ むし歯のない元気な子ども すぎもと歯科小児歯科サイト
  • ブログ すぎもと歯科の日記
  • ブログ 歯科衛生士のページ
  • 赤ちゃん歯科『もぐもぐくらぶ』ブログ もぐもぐ日記
  • スタッフの矯正体験ブログ ブラケット編/インビザライン編
  • 保育士のいる 無料託児ルーム

このページの一番上へ