歯磨きを頑張っているのに… 歯周病がなかなか治らない… 歯周病でお困りのすべての方へ

歯周病菌と全身疾患との関係

こんにちは☆すぎもと歯科・歯科衛生士の尾形です。
今年も、皆さんのお口の健康維持のお役に立てるよう頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします!
さて、歯周病菌が全身の病気に大きく関与していることが、医科でも問題になってきています。
歯周病菌が、肺に入れば「肺炎」になってしまいます。
わずかな菌でも、お口の中で出血を起こすと、そこから血管に菌が入ってしまい心臓で炎症を起こすこともあるのです。
歯周病の方が心臓病」になる確率は、そうでない方に比べ2~3倍にあがります。

他にも、食道ガン・糖尿病・早産・高血圧などにも関与しているといわれます。

歯周病は細菌の感染症です!

歯周病は生活習慣病とも言われ、タバコ・ストレス・悪習慣など、歯周病を悪化させる因子は様々ですが、その直接の原因となるのは細菌です!(-。-)y-゜゜゜
体内に細菌が侵入する経路のほとんどは、お口を通じて起こります。
お口の中をきれいにし、歯周病を治療・予防する事は全身疾患の予防にもつながるのです。

☆歯周病に関連する病気・・・動脈硬化と糖尿病

血流に乗って運ばれた歯周病菌が血管癖に付着すると、動脈硬化の進行に関与するのではないかと考えられています。
動脈硬化が心臓の血管で進行すると心筋梗塞が、また脳の血管で進行すると脳梗塞が起こりやすくなります。

また、歯周病があるとそれによって増加した炎症物質がインスリンの働きを低下させ、糖尿病を悪化させると考えられています。
一方、糖尿病で免疫の働きが低下すると、歯周病菌の増殖が盛んになり、歯周病が悪化します。
このように、歯周病と糖尿病は相互に関連しています。

さらに、歯周病によって増加した炎症性物質には、子宮を収縮させ陣痛を促す作用があり、早産・低体重児出産が起こりやすくなると考えられています。


                     
                 
                    【NHK今日の健康HP参考】  

歯周病は成人の80%以上がかかっている病気です!
もう単なるお口の病気とは言ってられませんね。早い段階で治療することが一番お勧めです!
しっかりと治療・予防をしていきましょう!


← ブログのトップページへ

歯周病はどんな病気?

痛くない歯周病治療

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病は生活習慣病

歯周病と口臭治療

歯周病を予防しよう!

  • ブログ 健康なお口のために
すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

■診療時間
午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土)午後は2:00~4:30

■休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

  • スタッフ募集 すぎもと歯科の求人案内
  • 歯科衛生士 募集終了
    歯科医師 募集終了
    歯科助手・受付 募集中  

    詳しくはそれぞれの募集中

    クリックしてご覧下さい。
    *見学はいつでもお気軽に。
    *お電話お待ちしています。
        

  • 一生自分の歯で食べよう!すぎもと歯科メインサイト
  • 子どもから大人まで 歯列矯正・歯並び すぎもと歯科矯正サイト
  • 小児歯科・カムカムクラブ むし歯のない元気な子ども すぎもと歯科小児歯科サイト
  • ブログ すぎもと歯科の日記
  • ブログ 歯科衛生士のページ
  • ブログ 母と子のわくわく日記
  • スタッフのわくわくドキドキ 矯正日記
  • 保育士のいる 無料託児ルーム

このページの一番上へ