歯磨きを頑張っているのに… 歯周病がなかなか治らない… 歯周病でお困りのすべての方へ

おいしく食べて健康に★「さつまいも」

皆さんこんにちは。すぎもと歯科歯科衛生士の町野です。
12月に入り、一段と寒くなり体調を崩しやすく、またインフルエンザやノロウィルスも流行しているとのニュースを目や耳にするようになりました。
風邪などによる、体力低下・免疫力の低下は歯周病を悪化させる原因となります。
手洗い・うがいを徹底し、よく食べて良い睡眠をとって、健康な体づくりをしていきましょう!先月のかぼちゃに続き、今月は「さつまいも」取り上げてみました

栄養豊富なさつまいも

さつまいも主成分がでんぷんと糖分で、主食の代わりにもなるほど栄養があります。

ビタミン・ミネラルも豊富で、野菜としての面も持ちます。

便秘改善や生活習慣病の予防に役立つ食物繊維も豊富です。

また、さつまいもに含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくいので、焼いたり煮たりしても効率的に取れるので、美容効果も期待出来ます。
脂質が少なく、肥満防止・高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病予防のための健康食品です。

栄養をむだなくとるためには、出来るだけ皮つきのまま利用するようにしましょう。

さつまいもに含まれる健康成分

[アントシアニン] ドライアイ・動脈硬化・抗酸化作用・抗血栓・疲れ目・視力

[カリウム]    脳卒中・高血圧・糖尿病・利尿作用・便秘・精神安定・ストレス

[鉄]       薄毛・成長促進作用・免疫強化・疲労回復・貧血・冷え性

[ビタミンB1]   慢性疲労・腰痛・美白 美肌・アンチエイジング・免疫力強化

[ビタミンB2]   視力・抜け毛・心筋梗塞・美肌・肌荒れ ニキビ・免疫力強化

[ビタミンC]         シワ・肌荒れ・ニキビ・コラーゲン生成・アンチエイジング・シミくすみ

[βカロチン]         口内炎・胃・風邪・花粉症・がん・肝機能

[ポリフェノール]   二日酔い・抗酸化作用・虫歯予防・糖尿病・動脈硬化・高血圧・がん

[ヤラピン]           便秘

おいしい「さつまいも」を選ぼう!

皮の色つやがよく、表皮に傷や凸凹がなくなめらかでハリがあり、太くて紡錘形のものが良品です。
極端に細いものや黒い斑点、傷があるものは避けましょう。また、ヒゲ根があるものは繊維が多いので避けましょう。
切り口に蜜が出ていたり、黒い蜜の跡があるものは、糖度が高い証拠です。

美味しく保存するために

最適貯蔵適温は12℃±2℃前後です。
低温にとても弱いので、冷蔵庫には入れず、乾燥しないように新聞紙などでくるんで常温で保存します。ポリ袋などに入れたまま放置すると、蒸れて腐敗の原因になるので、袋から出しましょう。切ったものは傷みやすいので、ラップをして野菜室で保存します。


←ブログのトップへ

歯周病はどんな病気?

痛くない歯周病治療

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病は生活習慣病

歯周病と口臭治療

歯周病を予防しよう!

  • ブログ 健康なお口のために
すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

■診療時間
午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土)午後は2:00~4:30

■休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

  • スタッフ募集 すぎもと歯科の求人案内
  • 歯科衛生士 募集終了
    歯科医師 募集終了
    歯科助手・受付 募集中  

    詳しくはそれぞれの募集中

    クリックしてご覧下さい。
    *見学はいつでもお気軽に。
    *お電話お待ちしています。
        

  • 一生自分の歯で食べよう!すぎもと歯科メインサイト
  • 子どもから大人まで 歯列矯正・歯並び すぎもと歯科矯正サイト
  • 小児歯科・カムカムクラブ むし歯のない元気な子ども すぎもと歯科小児歯科サイト
  • ブログ すぎもと歯科の日記
  • ブログ 歯科衛生士のページ
  • ブログ 母と子のわくわく日記
  • スタッフのわくわくドキドキ 矯正日記
  • 保育士のいる 無料託児ルーム

このページの一番上へ