歯磨きを頑張っているのに… 歯周病がなかなか治らない… 歯周病でお困りのすべての方へ

おいしく食べて健康に♪「かぼちゃ」

皆さんこんにちは。江南市すぎもと歯科 歯科衛生士の町野です。

むし歯や歯周病から歯を守るために、毎日の歯磨きや定期的なクリーニングも大切であることはもちろんですが、毎日の食べるものやその食べ方も、お口の健康を守るために大事なことです
収穫の秋、美味しいものがたくさんのこの季節、旬のものをおいしく食べ楽しみながら健康づくりをしていきましょう!
ハロウィンも終わり、旬は少し過ぎましたが、今日は「かぼちゃ」に、スポットを当ててみました。

「かぼちゃ」の栄養価

かぼちゃは非常に栄養価が高く、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンCがバランスよく含まれ、βカロチンも豊富な緑黄色野菜です。 

このグラフは成人女性に必要な成分の1日分の摂取基準を100としてときのかぼちゃ百グラムに含まれる割合です。
特に割合の高いビタミンEは、「老化防止のビタミン」「若返りのビタミン」と呼ばれ、シミ・しわを防いだり、ホルモン分泌を助けるなどアンチエイジングには欠かせないビタミンです。

他にものぼせ・肩こり・腰痛などの更年期の諸症状を和らげたり、血行不良による冷えを解消するなどの働きがあります。

また、ビタミンEとAは脂溶性なので油分と一緒に摂取するとより効果的です。

βカロチンは、ビタミンEと協調し、細胞の老化・ガン化を防ぐ働きがあり、皮膚・粘膜・目の網膜を健康に保つ作用もあります。
免疫力を高める効果もあり細菌・ウィルスから身体を守る働きがありますので、この時期は風邪の予防に良いですね★
また食物繊維も抱負ですから便秘を改善し、大腸ガン・糖尿病の予防効果もあります。
カリウムは、血圧を抑える効果がありますから、生活習慣病対策にも良いとされています。

「かぼちゃ」ってどんなイメージ?

「かぼちゃ」に皆さんはどんなイメージをお持ちですか?

お醤油との相性がよく和食にはおなじみですね、そんなところが庶民的・田舎的につながるのでしょうか・・。
ハロウィンのイメージも定着しましたね。
[栄養がある ]がトップなのは さすが!です。
みんなよくご存知なのですね(^o^)/

少数ですが「おしゃれ」というのがありますね、ランタンになったり時には馬車にもなる「かぼちゃ」です

好きな「かぼちゃ」の料理

水分が多くねっとりとした「日本かぼちゃ」は、薄味の煮物や揚げ物に適しています。

甘味があってホクホクとした食感がいい「西洋かぼちゃ」は、料理だけでなくお菓子・デザートにも向いているそうです。

「かぼちゃ」の効能

「かぼちゃ」の効能をまとめてみました!!

風邪予防・貧血予防・がん予防・高血圧予防・心筋梗塞予防・脳梗塞予防・動脈硬化予防
老化予防・冷え性・眼精疲労  など

寒くなってきました、栄養価の高いものをしっかりかんで摂り、元気に冬を過ごしたいですね✽

 

 


←ブログのトップへ

 

歯周病はどんな病気?

痛くない歯周病治療

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病は生活習慣病

歯周病と口臭治療

歯周病を予防しよう!

  • ブログ 健康なお口のために
すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

■診療時間
午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土)午後は2:00~4:30

■休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

  • スタッフ募集 すぎもと歯科の求人案内
  • 歯科衛生士 募集終了
    歯科医師 募集終了
    歯科助手・受付 募集中  

    詳しくはそれぞれの募集中

    クリックしてご覧下さい。
    *見学はいつでもお気軽に。
    *お電話お待ちしています。
        

  • 一生自分の歯で食べよう!すぎもと歯科メインサイト
  • 子どもから大人まで 歯列矯正・歯並び すぎもと歯科矯正サイト
  • 小児歯科・カムカムクラブ むし歯のない元気な子ども すぎもと歯科小児歯科サイト
  • ブログ すぎもと歯科の日記
  • ブログ 歯科衛生士のページ
  • ブログ 母と子のわくわく日記
  • スタッフのわくわくドキドキ 矯正日記
  • 保育士のいる 無料託児ルーム

このページの一番上へ