歯磨きを頑張っているのに… 歯周病がなかなか治らない… 歯周病でお困りのすべての方へ

歯周病だと自覚してますか? 

   ●歯周病については、99%の人が知っている
   しかし、自分が歯周病であると自覚している人は44%に過ぎない

これはある歯磨きメーカーによる調査結果です。

つまり『知っているヨ!でも自分にはまだ関係ない!』ということのようですね。
歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれるように自覚しにくい病気であることが、この結果からも浮き彫りになったといえるでしょう。

女性の72.6%が歯周病予防を意識

さらに同調査によると、

男性33.6%が「ある程度の年齢になれば、やむを得ない」と考えているとのこと。その一方で、55.3%「自分の努力次第で歯周病にはならないと思い、実際に気をつけている」と回答しているそうです。

それに対して女性は、
「やむを得ない」と考える方は21.1%と低く、72.6%もの人「自分の努力次第で」と答えているそうです。
 

男性の半数と女性の大半――。
 こんなにも多くの人たちが歯周病予防に目を向け、自分なりの方法で気をつけているのですね。

                  ☆・……・……・……・……・……・……・……・…★

すぎもと歯科にメインテナンスに通っていただいている患者様も女性の方のほうが多いのですが、そんな中のお一人 K子さん(35歳)は

『自分が歯周病だなんて!』『まさか?』
歯周病のことはテレビのCMなどでもよく目にするので、前々から気にはなっていたとのこと。
でも、年配の人がなるもので、自分にはまだ関係ないと安心していました。なぜなら、痛みも全然なかったからです・・・と。
『歯周病って本当に気づかないうちになってしまうものなんですね・・・』

お口の中の菌の状態をチェックし、歯肉の状態をご説明させていただき、今のご自分のお口の状態を自覚したその日から、K子さんは丁寧なブラッシングに加え、歯間ブラシやフロスにも挑戦されました。そしてもちろん、定期的にメインテナンスにも通っていただくようになり、現在はとても健康な歯肉を取り戻し、そして維持していらっしゃいます。

歯周病からご自分の歯を守るために重要なのは

*ご自分の今のお口の状態を正しく認識していただくこと。
*そのうえで放置するとどうなるのか。
*どうすれば何をすれば歯周病を防げるのかを具体的に知っていただくこと。

それらを知らされた人は、確実に行動へと移す!と言われています。

自己判断で「これくらいは・・・」「年のせいだから仕方ない・・・」は危険です!
すぎもと歯科で行う歯周病治療は、痛みや難しいことはありません。安心してまずは歯周病の検査だけでも早めに受けられることをお勧めいたします。

早ければ早いほど良いことは言うまでもありませんが、すでに出血があったり、膿が出たり、など歯周病の症状が出ていても、決して手遅れということはありません。 もしかしたらあきらめなくてはいけない歯も出てくるかもしれませんが、全ての歯がそうなっているわけではないと思います。 1本でも多く、ご自分の歯を残すよう努力しましょう。
治療を終えられた多くの方が、「これならもっと早く来ればよかった!」との感想を口にされます。あなたも、勇気を出してまずは、お電話ください

★すぎもと歯科で歯周病治療を終えられた他の皆様方の感想も是非参考になさってみて下さい★

   ≪患者さんの声≫ ⇐こちらをどうぞ

 


←ブログのトップへ戻る

歯周病はどんな病気?

痛くない歯周病治療

歯周病と全身疾患の関わり

歯周病は生活習慣病

歯周病と口臭治療

歯周病を予防しよう!

  • ブログ 健康なお口のために
すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

■診療時間
午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土)午後は2:00~4:30

■休診日
木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

  • スタッフ募集 すぎもと歯科の求人案内
  • 歯科衛生士 募集終了
    歯科医師 募集終了
    歯科助手・受付 募集中  

    詳しくはそれぞれの募集中

    クリックしてご覧下さい。
    *見学はいつでもお気軽に。
    *お電話お待ちしています。
        

  • 一生自分の歯で食べよう!すぎもと歯科メインサイト
  • 子どもから大人まで 歯列矯正・歯並び すぎもと歯科矯正サイト
  • 小児歯科・カムカムクラブ むし歯のない元気な子ども すぎもと歯科小児歯科サイト
  • ブログ すぎもと歯科の日記
  • ブログ 歯科衛生士のページ
  • ブログ 母と子のわくわく日記
  • スタッフのわくわくドキドキ 矯正日記
  • 保育士のいる 無料託児ルーム

このページの一番上へ